派遣が初めての方に向けて、人材派遣の仕組みを分かりやすくご説明します。派遣として、損保事務のお仕事をお探しの方は、MS&ADスタッフサービスオフィシャルサイトをご利用ください。

人材派遣の仕組み

ご存知ですか?人材派遣の仕組み

人材派遣とは、「派遣会社」と雇用契約を結び、派遣会社から紹介された「派遣先企業」で働くという勤務形態です。正社員・契約社員・アルバイトなどの直接雇用との大きな違いは、「雇用契約を結ぶ会社」と「実際に働く会社」が異なるということです。たとえば、派遣スタッフの給与は派遣先企業ではなく、契約している派遣会社から支払われます。

多くの場合、スタッフと派遣会社との雇用関係は、スタッフの就業先が決まった時点で成立します。登録するだけでは雇用関係は発生していません。そして派遣期間が終わると、雇用契約も終了します。

派遣スタッフと派遣会社、働く企業との関係

人材派遣では、「派遣スタッフ」と「派遣会社」、そして「派遣会社」と「派遣先企業」が、それぞれに契約を結びます(図参照)。

関係図

簡単に、人材派遣の流れをご説明します。

派遣で働きたいと思った人は、まず人材派遣会社を探し、登録します。
派遣会社は個々のスタッフに合った派遣先を探し、派遣先の企業や仕事内容、勤務条件などについて詳しく説明します。
スタッフが納得し、その派遣先で勤務することが決まったら、派遣会社と雇用契約や社会保険・税金などの手続きに入ります。
派遣会社がスタッフの雇用主となりますので、給与も派遣先の企業ではなく、派遣会社から支払われます。

同時に派遣会社は、派遣先の企業とも派遣契約を結びます。
双方の契約が結ばれた後、スタッフを派遣先企業に派遣します。
スタッフは派遣社員として派遣先企業から仕事の指示を受け、定められた業務を行います。

契約や仕事上のトラブルが起こった場合は、まず派遣会社の担当者に状況を伝え、担当者から派遣先の企業に交渉してもらいます。
派遣先の上司と良い関係が築けている場合、直接相談に乗ってもらえることもあります。

人材派遣の3つのスタイル

人材派遣には、大きく分けて「一般派遣(登録型)」「特定派遣」「紹介予定派遣」という3種類の派遣スタイルがあります。それぞれに働き方や雇用契約が異なるので、知っておくと役立ちます。なお、当社では一般派遣と紹介予定派遣を扱っています。

一般派遣(登録型)

派遣で働こうとする人が派遣会社に登録し、派遣先の紹介を受けて働くスタイルです。派遣契約の期間のみ、派遣会社との雇用関係にあります。派遣会社に登録しても、必ず派遣される保障はありませんが、仕事の内容や条件を選択できるメリットがあります。

特定労働者派遣(常用型)

派遣会社に正社員あるいは契約社員として入社し、派遣先に派遣されるスタイルです。派遣会社との雇用関係は退職まで続きます。

紹介予定派遣

派遣先の企業に、いずれは正社員や契約社員等として直接雇用されることを前提に派遣されるスタイルです。最長6カ月間の派遣期間の後、双方が合意した場合に、正式に派遣先企業と直接雇用契約を結びます。就職する前に自分の適性や、勤務先や仕事の実情を知ることができます。